はい!アート技研です!.bmp

お気軽にご相談下さい。

株式会社アート技研

TEL:0120-99-6565 (無料)

携帯電話・PHSからは (03)3415-9008

費用について

自動ドア修理費   9,000円(税別)

(基本出張費・基本点検費を含んでおります。部品代が必要な場合は別途費用がかかります。)

現場調査費   無料

自動ドア保守点検 6,000円(税別)

自動ドアでお困りですか?

普段何気なく使用している自動ドア。特に意識せずに通過している場合も多いと思います。

自動ドアなんだから人が近づけば自動で開いて、はなれれば閉まるのは当然ですよね。自動ドアといえども機械です。調子が悪かったり、故障して動かなくなる事もあります。

「あれ!おかしいな?」と思ったら、とりあえず当社へご相談下さい。
修理・メンテナンスなど技術員がより良いアドバイスをさせて頂きます。

自動ドアエンジンユニット装置の交換

自動ドアの設置から10年以上経過した場合は、様々な部品が経年劣化していることも考えられますので、自動ドアエンジンユニット装置(コントローラ・モーター・レール・ベルト・吊車・端子台・電源スイッチ等)の交換が良いかもしれません。

設置当初の動きがよみがえります。

片開き(ドア1枚)自動ドア装置 一般価格約300,000円 100,000円(税別・部品代・工事費込)

両開き(ドア2枚)自動ドア装置 一般価格約400,000円 130,000円(税別・部品代・工事費込)

工事費・撤去費を含んでおります。アルミ框ドア、レールの長さ2000mm以下のものです。

センサー・タッチ、ゴムマットスイッチ等の開扉信号機器は含まれておりません。

自動ドアセンサー、ゴムマットスイッチのページを参考に加算して下さい。

(円形ドア・パニックオープン型・重量タイプは除く)

 

 

省エネ対策にタッチスイッチへ変えてみませんか?

人が通るたびにドアが開いてしまい、室内の温度が上がってしまうのでセンサー式からタッチスイッチに変更したいというお客様が最近増えております。

また、タッチスイッチにする事によって一度止まらなくてはならないので衝突防止になります。

さらにドアが開いている時だけ既存のセンサーを反応させる工事(別途5,000円税別)もするので安全性と利便性も兼ねています。

 

キャンペーン中!

タッチスイッチ変更工事への価格

片開きドア(ドア1枚) 50,000円!(税別・商品代・工事費込)

両開きドア(ドア2枚) 58,000円!(税別・商品代・工事費込)  

ドアが開かない!閉まらない!

自動ドアの開閉不良の原因にはさまざまな理由が考えられます。

@スイッチやブレーカはONになっているか?

実は意外と多いです。普段からどこにあるか確認しておきましょう。

Aレールにゴミや異物は無いか?取り除きましょう。鍵が閉まりにくい場合もこれに該当する場合があります。

B自動ドアの周囲に開閉の妨げになるような観葉植物やのぼり、傘などがあるか?

センサーが反応してしまっている。

Cドアに貼ってあるポスターなどが剥がれかかってはいないか?

補助センサーに反応してしまっている。

Dタッチスイッチ式の場合、電池の交換はしたか? →意外と知らないお客様がいますが、殆どのタッチスイッチには電池が入っています。使用頻度にもよりますがだいたい 2年くらいで切れてしまいます。スイッチカバーの下か側面にネジがあるので外して交換してみましょう。(かなり小さいものもあるので無くさないように!)だいたい、単4アルカリ電池2個〜4個のものが多いです。(まれに単5電池2個のものもあります)古い自動ドアのタッチスイッチには、扉の枠に配線してある機種もあります。

Eゴムマットスイッチの場合、濡れてしまっていないか? 

もしゴムマットスイッチが濡れていて、ドアが開きっぱなしになっている場合はゴムマットスイッチが傷んでいる事が多いです。交換が必要です。

 

通行人が通るたびに自動ドアが開いてしまう

一般的にはセンサーの反応エリアを調整します。
また、お店の業種にもよりますが、タッチスイッチ方式にするのも良いでしょう。既存の自動ドアに追加工事で設置できます。

薬屋さんや病院などお年寄りも多く来店される場所や、タッチスイッチを押す事が敬遠される場合などは、センサーを最新機種にすると、反応エリアをかなり細かく設定できるので、防ぐことが出来ます。

自動ドア装置交換(二重引戸タイプ)

二重引戸(前).jpg

 

二重引戸タイプの自動ドア装置の交換。

 

 

 

二重引戸(中1).jpg

 

中はサビもあり劣化が激しい。

 

 

 

二重引戸(中2).jpg

 

まずは解体撤去作業。

 

 

 

二重引戸(中3).jpg

 

取付け作業中。

 

 

 

二重引戸(後1).jpg

 

取付け完了。

 

 

 

補助センサー(前).jpg

 

補助センサーも新型へ交換。 

 

 

 

補助センサー(中).jpg

 

センサーヘッドを取って。。

 

 

 

補助センサー(中2).jpg

 

中に線を通して。。

 

 

 

補助センサー(後).jpg

 

はめ込む。

 

 

 

二重引戸(後2).jpg

 

無目付センサーも疑似タッチスイッチタイプの物へ交換。

 

 

 

二重引戸(後3).jpg

 

タッチスイッチプレートの取付け。

 

 

 

 

鍵工事

棒鍵.jpgこういう鍵を「棒鍵」といいます。自動ドアの鍵はこの棒鍵が多いです。鍵交換するには扉の脱着作業が必要で、一般的には同じタイプの棒鍵に交換するのが殆どですが、今回は利便性と防犯性を考慮して、MIWAロックのU9シリンダータイプに加工交換をすることになりました。

 

 

棒鍵からTRUへ 006.jpg

このタイプの良いところは、U9キーなので合鍵を作るのが簡単。もし次に鍵交換するときはシリンダー交換のみ済み、扉の脱着作業が不要。つまり出費が少なくてすむ!入居者が入れ替わったり鍵を紛失した時にもいいですよね。

 

 

棒鍵からTRUへ 009.jpg

既存の鍵穴と新たに取り付けるシリンダー・サムターンの穴の位置を考慮して穴あけ。錠ケース本体は様々な扉があるので取付けステーは現場合わせで加工する。ネジも「ネジはずれ止め剤」も用い、ゆるまないようしっかり固定。写真は室内側からから見た感じ。

 

 

MIWA U9シリンダー取付.jpg

扉を吊って完成!写真は外側から見た感じ。

このタイプU9シリンダーは1〜2ミリ程出っ張る事が多いが、ケースの取り付け位置を偏芯すると殆ど出っ張らない(写真参照)ので、開閉の際シリンダーがフロント枠に当たって音がしたりしません。(框の場合)

※加工出来ない扉もあります。

ドクター自動ドアでは他にもこんな事が出来ます

自動ドアだけでなく、電気錠やテンキー、フロアヒンジなどのトラブルもお任せ下さい。錠前交換からシステム変更までトータルでお役に立ちます。

→鍵・錠前・金具の修理・交換工事の詳細はこちらをクリック!

出張エリア

自動ドアの修理、交換工事の出張エリアは、東京都23区・多摩地区・川崎市・横浜市など

東京近郊です。 出張エリア外もご相談下さい。

 出張エリア.GIF

東京都23区 出張エリア

・千代田区  ・中央区  ・港区  ・新宿区  ・文京区  ・台東区  ・墨田区  

・江東区  ・品川区  ・目黒区  ・大田区  ・世田谷区  ・渋谷区  ・中野区

・杉並区  ・豊島区  ・北区  ・荒川区  ・板橋区  ・練馬区  ・足立区

・葛飾区  ・江戸川区

 

東京都多摩地区 出張エリア

・八王子市  ・立川市  ・武蔵野市  ・三鷹市  ・青梅市  ・府中市  ・昭島市

・調布市  ・町田市  ・小金井市  ・小平市  ・日野市  ・東村山市  ・国分寺市

・国立市  ・福生市  ・狛江市  ・東大和市  ・清瀬市  ・東久留米市

・武蔵村山市  ・多摩市  ・稲城市  ・あきる野市  ・西東京市

 

神奈川県川崎市 出張エリア

・川崎区  ・高津区  ・多摩区  ・中原区  ・麻生区  ・幸区  ・宮前区

 

神奈川県横浜市 出張エリア

・青葉区  ・旭区  ・泉区  ・磯子区  ・神奈川区  ・金沢区  ・港南区

・港北区  ・栄区  ・瀬谷区  ・都筑区  ・鶴見区  ・戸塚区  ・中区  ・西区

・保土ヶ谷区  ・緑区  ・南区